上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
参加したメンバーの皆さん、ヘルプに入って下さった方々、そしてギャラリーに足をお運び頂いた沢山のお客様…

本当にありがとうございました

皆様の中に、どんな僅かなものでもいいから、何か残せる事が出来たのなら…
少しは被災地のお役に立てたのかな…と、思っております

イベントは終わりましたが、現実はまだ何も解決も収束もしておりません

これから先も、前へ進み続けて行かなければなりません

また何処かでお会い出来る事を願って…


石井悦子
スポンサーサイト
ご来場いただいたお客様、ありがとうございました。

石井さん、そして参加者の皆様、お疲れさまです。

こどもの頃、図工や美術の授業でしかモノを作ったことのない私が、心や想いをカタチに。そして出展する。
しかも、あの日を、そこにいる人、物を忘れないように…と。
カタチにすること。今回のイベント参加は貴重な時間となりました。

参加者の方々のカタチ。様々でした。
それぞれの心が響いてました。

ぬくもりと強さを感じたギャラリーでした。

参加できたこと、本当によかったです。
ありがとうございました。


近藤 陽子







2011.12.28  御礼です...
4V3H5126.jpg

遅ればせながら...
地下のクラウンの写真を出品させていただきました村田賢比古(masa)です。
出品なさった皆様は当然ですが、主宰なさった石井さん、その補佐役をしっかりお勤めになられた方々、そして、そして、搬入当日に、地下に集まり、非常識に大きい写真を、まるで自分のいちばん大切なものを扱うような神経の使い方で、その場で知恵を出し合いながら、苦肉の策や工夫の全てを成功させながら、ついに展示できる状態にまでしてくださった男性陣の方々に、心から御礼いたします。

そして、これを機に、これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

おじさんこと、江崎敬美です。


思い続けるって、結構エネルギーが要って大変。
だから、当事者じゃない人が忘れたがるのは、仕方ないのかもしれない。
でも、忘れたくても到底忘れられない人たちがいる。
明日が描けない人たちがいる。
同じこの国で。
せめてその人たちの痛みを、数百分の一でも、想像し続けたい。
それが伝わっていたら、いいなあ。


ギュウギュウに思いの詰まったあの空間に居ることが出来たのを、感謝します。



念のため言っておきますが、私は「おじさん」じゃないんですよ、実は。


2011.12.28 お礼
悦子さん、そして皆様。

お疲れ様でした。
最終日にお手伝いできなくて、
すみませんでした。


みんなの作品を見て、
内容が異なるのに、
まとまっていてビックリしました。
それぞれの思いが、
見た人みんなに届いたと思います。


ステキなイベントに参加できて、
とても感謝しています。
ありがとうございました。


このイベントをきっかけに、
もっと写真を撮り続けて、
大きな作品を作りたいと思いました。


本当にありがとうございました。




1224_convert_20111228155326.jpeg

12/24 AM7:30




1225_convert_20111228155530.jpeg

12/25 AM8:30




1226_convert_20111228155736.jpeg

12/26 AM9:30


                                                           
                                                                   小林 望
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。